お久しぶりです。あいまるです。
今回は、剣盾S4シングルにおいて、最終6位を達成したので、記事に残そうと思います。


FullSizeRender
(現在は公開していません)


【構築経緯】
対面性能の高いポケモンを、思いつく限り育成しては採用し、トライアンドエラーを繰り返しました。
その中で、他のポケモンとのシナジーや、使いやすさを加味した結果、この6体にまとまりました。



【コンセプト】
・対面で殴り勝つ
・汎用性を失わない範囲で奇襲を仕掛け、easy winを拾う。



【個別解説】

FullSizeRender
① エースバーン@命の珠
性格:いじっぱり
特性:猛火
実数値:157(12)-184(252)-96(4)-×-97(12)-168(228)
技構成:火炎ボール 飛び膝蹴り 不意打ち 飛び跳ねる

調整意図
・最速100属抜き
・A特化
・あまり適当


構築のエースです。
「ダイジェット」の警戒が薄く、何度もeasy winを拾うことが出来ました。
流行りのカビミミに強く、火力も素早さも申し分無いこのポケモンが、なぜ流行らないのか不思議に思えるほど強かったです。





FullSizeRender
②オニシズクモ@突撃チョッキ
性格:いじっぱり
特性:すいほう
実数値:175(252)-134(252)-113(4)-×-152-62
技構成:アクブレ 飛びかかる 虫食い ミラコ

調整意図
・HA特化
・端数B(ドリュウズの岩石封じの乱数意識)


鬼火無効。一貫性の高い水タイプの技を高火力で打てる。優秀な耐性と特殊耐久による打ち合い性能の高さ。
良いこと尽くめの最強ポケモンです。

呪いカビゴンを「虫食い」で機能停止できたり、ミミッキュに対し「飛びかかる」でAを下げながら皮を剥がすことで、攻撃を耐え、「アクアブレイク」で倒すことができます。

タイプ上不利なロトム系統やトゲキッスに対しても、「ミラーコート」の択を作ることができます。(トゲキッスの「ダイジェット」は、臆病珠までなら確定で耐えます。)

ただ、ギャラドスに無限に隙を見せるのだけは弱かったです。
逆に言うと、気になったのはそれくらいしかなかったということです。
これからの活躍に期待しています。





FullSizeRender
③ナットレイ@気合いの襷
性格:勇敢
特性:鉄のトゲ
実数値:181(252)-160(252)-152(4)-×-136-22
技構成:ジャイロ パワーウィップ 叩き落とす 宿り木

調整意図
・HA特化
・端数B(なんとなく)
・S個体値0(ジャイロボール意識)


「気合いの襷」による行動保証が強かったです。
トゲキッスやドラパルトなどに強引に居座ることができます。

「パワーウィップ」があまり読まれず、何度も水タイプが居座ってくれました。

ヒヒダルマや剣舞ギルガルドに勝ちたかったので「オッカのみ」ではありません。

水ロトムの「トリック」で襷を奪われ、返しの「パワーウィップ」を耐えられる事案が多発し、その度に気まずかったです。





FullSizeRender
④ミミッキュ@アッキの実
性格:いじっぱり
特性:化けの皮
実数値:159(228)-156(252)-104(28)-×-125-116
技構成:じゃれつく 影うち 剣の舞 呪い

調整意図
・A特化
・H 8n-1(皮ダメージ意識)
・あまりB
(HぶっぱではなくBに28振ることで、アッキ込みでギャラドスの何かをいい感じに耐えることができますが、それが何なのか忘れました。)


対面性能の鬼です。
殆どの構築に選出しました。
相手のダイマックスに対し、剣舞→ダイウォールで切り返す動きが強かったです。

アッキの実があっても耐久が足りない場面が多かったので、もう少しBに回すことも考えましたが、ただでさえ低い火力を削るのが嫌だったので見送りました。

7世代のABミミッキュを彷彿させる素晴らしい活躍をしてくれました。個人的にミミッキュ界隈最強なので、もっと増えてもいい型だと思います。





FullSizeRender
⑤トゲキッス@拘り眼鏡
性格:控えめ
特性:天の恵み
実数値:161(4)-×-115-189(252)-135-132(252)
技構成:エアスラ マジシャ 火炎放射 未来予知

調整意図
・CS特化
・端数H(4nが嫌なので)


受け全般を相手してもらいました。
ダイマックス前提で動かすのは窮屈だと思っているので、素の状態でも強い「拘り眼鏡」を持たせました。

ドヒドイデの突破が構築単位で厳しかったので、「ダイサイコ」を打てるようにしました。
素でエスパー技を使う機会が少なく、別の技で拘った後に「ダイサイコ」として使う場面が殆どだったので、「サイコキネシス」よりも威力が10高くなる「未来予知」を採用しています。





FullSizeRender
⑥ヒヒダルマ@拘りスカーフ
性格:いじっぱり
特性:五里霧中
実数値:180-194(132)-91(124)-×-75-147(252)
技構成:冷凍パンチ フレドラ 馬鹿力 エッジ

調整意図
・準速(最速ギャラドス+1)
・陽気珠ミミッキュのじゃれつく+影うち確定耐え
・あまりA


自慢のABゴリラです。
対面構築を使う以上、ミミッキュに勝てるポケモンを増やすに越したことはないので、素早さを削り、Bに振りました。
ダイマックス下でドリュウズの上を取れないこと以外は困ったことはありませんでした。
あらゆる物理技をミリ耐えして、対戦相手の方と2人でよく驚いていました。

「蜻蛉返り」は、どうせ引き先がいないので採用せず、代わりに技範囲を広げました。
特に「ストーンエッジ」は重い火ロトムの処理に重宝しました。火ロトム以外にも、ギャラドスに刺さったり、ラプラス入りに一貫したりと、使用感はとても良かったです。

選出する際は、出来るだけ後発で出すことを意識しました。2体のサイクルでヒヒダルマを見る人が多く、初手投げが安定しなかったからです。
一方で、相手がラス1の状況で場に出せれば、実質的に拘りのデメリットを無くすことができます。



【選出】
刺さっているポケモンを柔軟に選出するので、基本選出はありません。

強いて言えば、「ナットレイ+ミミッキュ+エースバーンorヒヒダルマ」の選出が多かったです。
襷枠+ダイマ枠+スイーパーという並びですね。
初手ナットレイで1体倒し、ミミッキュでダイマを切って1.5体。最後のお掃除をエースバーンかヒヒダルマにしてもらいます。



【重いポケモン】
ジュラルドン
→鉄壁ボディプレ型ならトゲキッスで、アタッカーならナットレイで対応できますが、読み間違うと終わりです。

サニーゴ・ブルンゲル
→物理5体が、体力満タンの状態で突破されます。トゲキッスで怯ませるしかないです。



【Special Thanks】
・最終日通話してくれた窓のみんな
・深夜に大声で騒ぐ息子を黙認してくれた母親



【最後に】
ここまでの閲覧ありがとうございました。
最終6位という出来すぎた結果を出せて本当に嬉しいです。
この1ヶ月、殆ど全ての時間をポケモンに費やしてきた甲斐がありました。
疲れたので、来期からはのんびりとポケモンしようと思います。
何かあれば(@Aimaru4218)までお願いします。


ではでは〜



IMG_1200

IMG_1213


TN はしまかずこ  186勝 110敗 最終6位
TN ななみみなみ  316勝 199敗 最終140位

ps ガガガ文庫のラブコメはいいぞ!


【追記】
最終レート2200と2079でした。
IMG_1813
FullSizeRender